占い

MENU

産み分け術

 

占い

少し現実味には欠けますが、女の子を産み分けるための占いも存在します。
肩の力を抜いて、ちょっと試してみませんか?

 

実際の産み分けの可能性は2分の1ですから、当たるかもしれませんよ。

 

 

当たるも八卦、当たらぬも八卦?

 

第1子から女の子を望むカップルは、以下の計算式を参考に妊娠を試みてください。

 

年内出産(1〜3月頃に妊娠) (夫の年齢+妻の年齢+1)÷3
年明け出産(4〜12月に妊娠) (夫の年齢+妻の年齢+2)÷3

 

 

上の表を元に計算し、割り切れたら女の子、余りが出たら男の子と言うわけです。

 

なお、年内および年明けは出産予定日で考えます。
なので早産であったり予定日超過の場合は若干違ってくる場合もありますよね。

 

この占いで用いるのも満年齢ではなく、数え年を当てはめます。
数え年は昔の年齢計算で、年が変わり誕生日が来るまでは満年齢に2歳を加え、
誕生日以降は満年齢に1歳を加えた年齢を言います。

 

 

ちなみに筆者は上記の計算を試したところ、年齢は伏せますが性別は当たっていました。
子供は3人、三姉妹です。

 

そして第2子以降を占う場合、上のお子さんの赤ちゃん時代に行います。
赤ちゃんのまんまるでハムのような足、本当に可愛いですよね。
そして太もも部分には太く大きなシワが入っていますね。

 

 

これも現実味はありませんが、そのシワの数で占おうと言うものです。
両足を見てシワの数が奇数なら男の子、偶数なら女の子になるとされています。
覚えている方は第2子の占いができますね。

 

第3子を占う場合は第2子の赤ちゃん時代を参考にしましょう。
第1子のシワを第2子に当てはめて当たっているかどうかを診断してみるのもいいですね。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!