摂りたい食事

MENU

産み分け術

 

摂りたい食事

今ほど医学が発達していなかった時代は今よりも家制度が強く、
かつ跡取りとして立派な長男をなすことが何よりの嫁の務めとされていました。
そのため長きに渡り食事による産み分け方法が伝えられてきたのです。

 

とはいえ時代が時代ですから当然信ぴょう性はありませんでしたし、
産み分けどころか妊娠の仕組みもよく理解されていなかったわけですから
何を基準にするにしても不確実なものにならざるを得ないのは仕方ないですよね。

 

 

実際、どういった部分で活用されていたのでしょうか。
食事内容により、男性及び女性の体をアルカリ性や酸性に傾かせ
男の子もしくは女の子を産み分けするという方法です。

 

 

女の子を望む場合の摂りたい食事は男性がサラダなど野菜類を中心にして、
女性が肉や魚を中心に食べるというものです。

 

ちなみに男の子を望む場合は摂りたい食事内容が男女逆になります。

 

 

食事による産み分けは可能?不可能?

 

果たしてこれらは有効な産み分け方法なのでしょうか?
結論から言えば、残念ながら効果のほどは実証されていません。

 

と言うのも、ヒトの体には恒常性(ホメオスタシス)といって、体温や血圧、
体液の浸透圧やPH(アルカリ性や酸性)などを一定に保とうとする性質があります。
それらのバランスが極端に崩れた場合、最悪の場合命の危機につながります。

 

 

加えて男性の精子は一度の射精の際、大体3ヶ月ほど前に作られたものが出されます。
なので夫婦生活を持つその日の夜の食事だけを意識しても何ら意味はないのです。

 

産み分けを成功させることよりも健康な赤ちゃんを授かることが大前提ですから、
当然カップルもともに健康でなければなりません。
そのため妊娠を望むのであれば、まずは健康的な食生活を目指しましょう。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!