女の子を産みたい

MENU

産み分け術

 

女の子を産みたい

どうしても女の子を産みたい、女の子を妊娠したいカップルのために排卵日や基礎体温など妊娠に関する基礎知識をまとめてみました。

 

女の子を産みたい記事一覧

 

女の子を望むカップルにとっては少しでも成功率の高い産み分け方法があるなら知りたい、取り入れたいと思いますよね。自然に任せた場合の性別は受精の瞬間に決定するため、ある意味神の領域であると言えます。それでもヒトは古来からあらゆる方法で男女産み分け法を模索してきました。その後医学の発達によりわかってきたことも多数存在します。かつてより産み分けについて言われていたのは性別は女性に決定権がある食べ物や生活環...

 
 

古来より男女を産み分けるにはどうすればよいか、さまざまな方法が伝承されてきましたが、そのほぼ全てがあくまでも迷信の類であり、確実なものではありません。むしろ現代医学が発達したこの時代でも、100%の産み分けは不可能です。今後研究がより進めば望む性の赤ちゃんを授る可能性が100%になる可能性はありますが、性別を決めるのは神の領域であり倫理的にも今一歩踏み込めていないのが現状です。妊娠・出産自体が奇跡...

 
 

希望の性別を産み分けする場合、成功する確率がどの程度あるのかも気になるところですよね。もし成功率を上げる方法があれば知りたいと思うのも当然でしょう。ちなみに望む性別の赤ちゃんを授かろうとした場合、自己流で産み分け方法を取り入れた場合の産み分け成功率はだいたい60%、病院などで産み分け指導を受けた場合は80%まで上昇すると言われています。実際の成功率、どのくらい?男女で比べた場合、男の子を希望した場...

 
 

どうしても女の子が欲しい、女の子を熱望するカップルにとって女の子を妊娠するために必要なことは出来る範囲でなんでも試したい、取り入れたいと思いますよね。妊娠するにあたって必要不可欠なのが夫婦生活ですが、実はこのタイミングの取り方や回数なども産み分けに関係しているのです。パートナーができること女の子が欲しいと思えば基礎体温をつけたり淡白な夫婦生活を持ったりしますが、もう一つ抑えるべきポイントがあります...

 
 

男の子・女の子を問わず、希望の性別を望むのであれば、女性に正しい排卵が起こることが必要不可欠です。そもそも排卵が無ければ妊娠すらできないのですから、当然ですよね。女性の排卵日は基本的に1ヶ月に1回、1年を通して12回前後訪れることになります。逆に言えば1年に12回前後しか妊娠のチャンスがないと言うことになりますね。更に受精しても受精卵の問題で残念な結果に終わるケースもありますし、へその緒の異常や先...

 
 

保健体育の授業で触れる機会もあるため、女性でなくとも耳にした経験はあるでしょう。ですがその内容や仕組みまで理解しているかというと難しい...と言う人も少なからずいます。ここでは産み分けに関する知識のひとつとして見ていきましょう。体調不良の場合を除き、女性は男性と違い体温が一定周期で上がったり下がったりします。この体温の推移を月経周期で計測したものが基礎体温です。自分の基礎体温を読み取ろう測り方はカ...

 
 

男の子を望む場合は濃厚なセックス、逆に女の子を望む場合は淡白なセックスが良いと言われています。ですが果たしてこれらは単なる迷信なのでしょうか?実はそうではなく、根拠があってのことなのです。産み分けで女の子を授かる場合、射精は膣のごく浅い部位でするのが良いとされています。これは女の子の性染色体を持つX精子の特徴を活かした方法です。X精子とY精子を比較してみましょう。Y精子X精子アルカリ環境を好む酸性...

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!