男女を産み分けるには

MENU

産み分け術

 

男女を産み分けるには

古来より男女を産み分けるにはどうすればよいか、さまざまな方法が伝承されてきましたが、
そのほぼ全てがあくまでも迷信の類であり、確実なものではありません。

 

むしろ現代医学が発達したこの時代でも、100%の産み分けは不可能です。

 

 

今後研究がより進めば望む性の赤ちゃんを授る可能性が100%になる可能性はありますが、
性別を決めるのは神の領域であり倫理的にも今一歩踏み込めていないのが現状です。
妊娠・出産自体が奇跡ですから、そういった背景もやむなしと言ったところでしょうか。

 

加えて産み分けに挑戦しているあいだは排卵日や夫婦生活を持つ日にちを特定するため、
妊娠率そのものが下がります。
そのため不妊治療中のカップルには産み分け指導を行わない医師もあります。

 

 

しかし中には残念なことに望む性の赤ちゃんでなかったらいらない、
と考えるカップルも少数ながら存在します。
ですが授かった赤ちゃんの性別を変えることはできません。

 

男女の産み分けに挑戦するのであれば、このことを踏まえたうえで取り組みましょう。

 

 

男女産み分け、基本の「き」

 

その上で男女を産み分ける基本的なことは、

  • 男の子→排卵日当日に濃厚なセックスを行う
  • 女の子→排卵日2日前に淡白なセックスを行う

この日以外に夫婦生活を持つ場合は必ず避妊してください。

 

 

他にも女の子を望む場合、男性に意識して欲しい点があります。

 

・下着はトランクスではなくボクサータイプかブリーフを使用
・Y精子を活性化させる可能性があるカフェインは性交2〜3日前から摂取しない

 

下着まで制限されることに嫌悪感を抱く男性も少なからずいると思いますので、
パートナーとよく相談して取り入れましょう。

 

 

ちなみに筆者には3人の女の子がいます。
病院で産み分け指導を受けたわけではありませんがパートナーはカフェイン類が苦手で、
下着はボクサーを愛用しています。

 

これらも女の子を授かる要因になっている可能性もありますね。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!