女の子を妊娠するために

MENU

産み分け術

 

女の子を妊娠するために

どうしても女の子が欲しい、女の子を熱望するカップルにとって女の子を妊娠するために
必要なことは出来る範囲でなんでも試したい、取り入れたいと思いますよね。

 

妊娠するにあたって必要不可欠なのが夫婦生活ですが、
実はこのタイミングの取り方や回数なども産み分けに関係しているのです。

 

 

パートナーができること

 

女の子が欲しいと思えば基礎体温をつけたり淡白な夫婦生活を持ったりしますが、
もう一つ抑えるべきポイントがあります。

 

それは、

  • 夫婦生活の回数を増やす
  • 男性の射精回数を増やす

ことです。

 

 

なぜかと言いますと、精子はある一定量まではX精子・Y精子とも同量に作られますが、
それを超えると男性を決定するY精子だけが補充されてしまい、
男の子が出来やすくなってしまうのです。

 

それを避けるために、最低でも10日、理想は1週間に1度射精の機会を持ちましょう。
加えてなるべく浅い挿入を心がけることと、
女性が物足りないと思うくらいのセックスがちょうどいいのです。

 

女性がオルガズムを感じることで膣内はアルカリ性へ傾きますが、
X精子は酸性には強いもののアルカリ性には弱い特性を持っています。
淡白な夫婦生活を進められるのもここに理由があるのです。

 

 

また、パートナーが日頃からトランクスを愛用しているのであれば、
この機会にブリーフもしくはボクサーパンツへチェンジしてもらいましょう。
医学的根拠があるわけではありませんが、ブリーフを薦める医師もいます。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!