基礎体温

MENU

産み分け術

 

基礎体温

保健体育の授業で触れる機会もあるため、女性でなくとも耳にした経験はあるでしょう。

 

ですがその内容や仕組みまで理解しているかというと難しい...と言う人も少なからずいます。
ここでは産み分けに関する知識のひとつとして見ていきましょう。

 

体調不良の場合を除き、女性は男性と違い体温が一定周期で上がったり下がったりします。
この体温の推移を月経周期で計測したものが基礎体温です。

 

 

自分の基礎体温を読み取ろう

 

測り方はカンタンで、朝目覚めたとき身体を動かさず舌下に体温計を挟み測定します。

 

使うのは普通の体温計ではなく婦人体温計ですが、
できれば水銀タイプを用いましょう。

 

 

電子タイプは測定時間が短い、データを残せると言ったメリットがありますが
正確性ではやはり水銀計のほうが上です。
ただし寝ぼけて噛み砕かないよう注意が必要です(筆者は経験アリ)。

 

そして最低でも測定は3ヶ月は行いましょう。
体温の推移をグラフ化することで自分の変化や月経周期がつかめるはずです。

 

 

逆にどこをどう読んでも分からない
またはグラフがフラットな状態が続いている場合
ホルモンになんらかの異常が発生していることが考えられるため、
計測結果を持って産婦人科を受診してくださいね。

 

基礎体温は高温期と低温期に二分することができ、
低温期の中で最も下がる日が排卵日に当たります。

 

 

排卵日を境に体温は上昇し、高温期に入って2週間ほど経過した後に次の月経が始まり
再び体温は低下、次の月経周期が始まるのです。

 

このデータを下に産み分けを行う場合は、排卵日を迎える直前に夫婦生活を持ってください。
排卵日をはさんで女性の身体は酸性からアルカリ性へと変化しますから、
X精子に有利な状態で性交を行うのが有効です。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!