体位

MENU

産み分け術

 

体位

男の子を望む場合は濃厚なセックス
逆に女の子を望む場合は淡白なセックス
良いと言われています。

 

 

ですが果たしてこれらは単なる迷信なのでしょうか?
実はそうではなく、根拠があってのことなのです。

 

産み分けで女の子を授かる場合、射精は膣のごく浅い部位でするのが良いとされています。
これは女の子の性染色体を持つX精子の特徴を活かした方法です。

 

 

X精子とY精子を比較してみましょう。

Y精子 X精子
アルカリ環境を好む 酸性に強い
1日しか生きられない 3日間生きられる

 

 

膣の浅い場所で射精することで精子の子宮までの移動距離は長くなりますが、
それを逆手にとってX精子だけを残していくことで
女の子の可能性をあげようというものです。

 

 

体位でも産み分けは可能

 

実際に、どのような体位が向いているのでしょうか。
カップルごとにやりやすい方法は違いますが、
ここでは代表的な体位を紹介しましょう。

 

伸長位(しんちょうい)

まず一つめは伸長位(しんちょうい)で、これは正常位の一種です。
この体位では女性が仰向けに脚を閉じた状態で横になり、
その上から男性が覆いかぶさる形で挿入します。

 

ちなみにこの方法は女性への体の負担が少ないため、
妊娠中のセックスにも取り入れられますよ。
ただしお腹を圧迫しないよう、また張りを感じたらすぐに中止しましょう。

 

側位

もう一つは側位で、男女がともに横むきで挿入する方法です。
側位の中にも2種類あり、お互いが向かい合った形の前側位 (対面側位) と、
二人が同じ方向を向き男性が女性の背後から挿入する後側位 (背面側位) があります。

 

こちらも挿入そのものが浅くなるうえ、男性が腰に負担を感じにくいといったメリットもあります。

 

 

いずれにしろパートナーに無理をさせない体位を取り入れると良いですね。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!