産み分け方法

MENU

産み分け術

 

産み分け方法

女の子を望むカップルにとっては少しでも成功率の高い産み分け方法があるなら知りたい、
取り入れたいと思いますよね。

 

自然に任せた場合の性別は受精の瞬間に決定するため、ある意味神の領域であると言えます。
それでもヒトは古来からあらゆる方法で男女産み分け法を模索してきました。
その後医学の発達によりわかってきたことも多数存在します。

 

かつてより産み分けについて言われていたのは

  • 性別は女性に決定権がある
  • 食べ物や生活環境である程度コントロールが可能

しかし現代では上記2点は否定されています。

 

 

どれを選ぶ?産み分け方法

 

遺伝子操作までが可能となった今、最も確実に女の子を授かりたいなら
顕微授精でX精子と卵子を受精させることです。

 

こうすれば受精卵は女の子になりますから、子宮に戻せば当然女の赤ちゃんが生まれます。

 

ただし現時点において産み分けのためだけの顕微授精は
日本産婦人科学会で禁じられており、
どうしてもの場合は海外へ渡航するしかありません。

 

 

加えて掛かる費用も莫大なものになるため、
そう言った意味でもあまり一般的ではないですね。

 

あまり費用をかけずに試したいのであれば産婦人科で産み分け指導をしてもらい、

 

ピンクゼリーを処方してもらう方法があります。
この場合排卵日もかなりの確率で特定できますから、妊娠の可能性も上がりますね。

 

医学の力を借りず自己流で挑戦する場合は、基礎体温表を下に排卵日を予測し、
大体の見当をつけて淡白な夫婦生活を持ちましょう。
費用は安く済みますが、その分成功率も下がります。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!