ブラジル

MENU

産み分け術

 

ブラジル

産み分けとブラジル、一見して何の関係もなさそうな両者ですが
実はそうではありません。

 

近年、ブラジルでは男女の産み分けを主体とした生殖医療に力を入れており、
日本を始めとした諸外国からどうしても産み分けを成功させたいと
渡航してくるカップルが急増しているのです。

 

 

産み分けのためにブラジルを訪れるカップルの実に8割〜9割が女の子を希望しています。
このデータだけを見ても、女の子の人気が高いことが伺えますね。

 

 

ブラジルでの産み分け法

 

最も確実な産み分けは受精卵の染色体を直接検査することで、
女性の性染色体であるXを持つ受精卵のみを選別します。
これを母体に戻しうまく着床すれば、当然女の子が生まれますよね。

 

ブラジルではこの受精卵を診断、いわゆる出生前診断を取り入れることで
確実に産み分けを行っているのです。

 

 

ただしこの産み分けを受けるのには条件があり、
夫婦そろって出生前診断に合意することとされています。

 

ちなみに日本において産み分けのための出生前診断は産婦人科学会のガイドラインには無く、
むしろ生命の選別につながると言った倫理観から禁止されています。
ただヒトの生命の始まりをどこで設定するのかにもよって変わってはきますね。

 

1個の受精卵をヒトとみなすか、母体に着床してからになるのかは
さまざまな説や見解があるのは事実です。

 

 

この説は諸外国でも賛否両論あり、宗教上の理由で禁止している国もあれば
逆に認めている国もあるので、一概にどれが正解かとは言えないのです。

 

ちなみに、ブラジルで産み分けを行うための費用は約150万〜200万必要とされます。
一般的にはなかなか高額ですが、ひとつの目安として捉えてくださいね。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!

ブラジル関連ページ

中国式
アメリカ
福さん式