病院での産み分け法

MENU

産み分け術

 

病院での産み分け法

実際に産婦人科で導入されている病院での産み分け法から気になる必要な費用まで医療の現場から見た産み分け方法に着目しています。

 

病院での産み分け法記事一覧

 

一人目、二人目までは希望の性別と違っていても、三人目ともなれば次はぜひ望む性の赤ちゃんを、そう考えるカップルは少なくありません。そのため、三人目から産み分け指導を行うという方針の医師も多くいらっしゃいます。特に一人目から産み分けに挑戦しているカップルの場合、諸事情で三人目が最後の産み分けのチャンスと言うカップルがほとんどですよね。そういった背景も踏まえれば、ことさら力が入るのも無理はありません。最...

 
 

かつては跡取りや墓守のための男児を望まれていましたが、近年その風潮が大きく変わってきましたね。地方の豪農や由緒のある家柄ですとまだまだ男児が望まれる傾向が根強いですが、それでも女の子を望む家庭の方がグンと増えてきているのが現状です。そもそも何故ここまで女の子が欲しいと願う家庭が増えたのでしょうか?ハッキリした原因や因果関係が認められた訳ではありませんが、昨今の社会情勢も背景の一つに含まれています。...

 
 

産み分けの成功率を少しでもあげたいと願うのであれば、やはり産婦人科医や医療の力を借りるのが最も効果的です。ただ実際に産み分け指導を行っているかそうでないかは医師の見解により違いますので、初診の前に病院へ直接問合わせて確認したほうが間違いないでしょう。ホームページを持っている病院であれば成功率を掲載しているところもありますので、参考のためにそちらもあわせて確認してみてくださいね。産婦人科医の産み分け...

 
 

赤ちゃんが欲しいのになかなかできない一人目はすぐに授かったのに二人目ができない事情や背景が違っていても、なかなか妊娠しないのであればおかしいと思いますよね。一般的に不妊症の定義として、望んでいるにもかかわらず1年以上妊娠しない状態をさします。20代で結婚したカップルであれば1年半ほど様子を見てもいいですが、30代後半から40代で結婚したカップルだと半年授からなければ病院へ行きましょう。余談ですが、...

 
 

パーコール法という産み分け方法をご存知ですか?まず男性の精子をパーコール液という特殊な液に入れて遠心分離機にかけ、X精子とY精子に分けます。そして抽出したX染色体精子のみを子宮内に入れると言う人工授精法を言います。男性の性染色体がY染色体であるのに対し、女性の性染色体はX染色体です。なので女性の体内にX染色体の精子のみを注入して受精・着床した場合、産まれる赤ちゃんは女の子になりますよね。パーコール...

 
 

ピンクゼリーは名前のとおりピンク色のゼリー状のもので、産婦人科医で産み分け指導を受けているカップルであればおなじみの商品ですね。これは女性の膣内に直接注入して使う産み分けアイテムです。もともとはイギリスで開発されており、膣内や子宮口付近を酸性にするための商品です。そうすることで女性の性染色体であるX精子が優勢になるため、女の子を授かる確率が上がる、と言うものです。日本では医薬品としての位置づけにな...

 
 

着床前診断という言葉をご存知ですか?受精卵の染色体を検査する方法で、これを行えば染色体異常が原因で起こる疾患を高確率で見つけることが可能です。諸外国では産み分けにこの技術を用いているところもありますが、その背景には宗教問題や法律など私たち日本人にはあまり馴染みのない問題も数多く含まれているのが現状です。特に一人っ子政策を取り入れている中国では生まれてくる子供の性別が女の子だと家系が途絶えてしまうた...

 
 

医学の力を借りて産み分けを使用となった場合、やはり気になるのが必要な費用ですよね。ほとんどのカップルがいくらでもお金をかけられると言うわけではありませんし、医療分野である以上やはりある程度の資金が必要です。大きな怪我や病気の場合は命に関わるため専門医を受診する必要がありますが、産み分けは生命の危機を伴わないため、基本的に全て保険適用外になります。産み分けにはいくらかかるの?費用がかかる産み分けの方...

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!