不妊治療

MENU

産み分け術

 

不妊治療

  • 赤ちゃんが欲しいのになかなかできない
  • 一人目はすぐに授かったのに二人目ができない

事情や背景が違っていても、なかなか妊娠しないのであればおかしいと思いますよね。

 

 

一般的に不妊症の定義として、望んでいるにもかかわらず
1年以上妊娠しない状態をさします。

 

 

20代で結婚したカップルであれば1年半ほど様子を見てもいいですが、
30代後半から40代で結婚したカップルだと半年授からなければ病院へ行きましょう。

 

余談ですが、不妊症とは別に不育症と呼ばれる症状も存在します。
妊娠はするものの正産期まで継続できないケースを言い、その原因は様々です。

 

 

妊娠するための治療を不妊治療といい、
医学の発達に伴い現在では高度な生殖治療も可能になりました。
とはいえ、最初からいきなり高度治療をするわけではありません。

 

 

不妊治療、何をどうするの?

 

最初は排卵日を特定しながらのタイミング法を試します。
この間に並行してホルモン負荷検査、フーナーテスト、卵管造影検査が
行われることが多いです。

 

タイミング法を試して半年ほど成果が出なかった場合やフーナーに問題があった場合、
一歩踏み込んだ治療に移ります。
男性の精子を採取して濃縮し、それを女性の子宮内に注入する人工授精です。

 

 

さらに卵管が詰まっている、精子の数が極端に少ない、
奇形率が高かったり運動率が低い場合は体外受精が必要となります。
さらに受精障害が認められた場合は顕微授精が行われます。

 

どの治療もそうですが基本的に不妊治療は保険適用外であるため、
タイミング療法や人工授精はともかく体外受精になるとかなりの高額になります。

 

 

どれだけ治療を続けるか、パートナーとの意見のすり合わせも非常に大切なので、
パートナーと二人三脚で頑張りましょう。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!