ピンクゼリー

MENU

産み分け術

 

ピンクゼリー

ピンクゼリーは名前のとおりピンク色のゼリー状のもので、
産婦人科医で産み分け指導を受けているカップルであればおなじみの商品ですね。
これは女性の膣内に直接注入して使う産み分けアイテムです。

 

もともとはイギリスで開発されており、
膣内や子宮口付近を酸性にするための商品です。

 

 

そうすることで女性の性染色体であるX精子が優勢になるため、
女の子を授かる確率が上がる、と言うものです。

 

日本では医薬品としての位置づけになるため、市販されてはいません。
入手するには産婦人科医を受診し、処方せんを用意してもらう必要があります。
産婦人科医が独自に通信販売している場合もありますが余りオススメはできません。

 

 

ネット上では余ったピンクゼリーがオークション市場に出回ることもありますが、
衛生面の問題だけでなく感染症の原因にもなるため絶対に避けてください。

 

 

ピンクゼリーを使ってみよう

 

ここで使用法について見ていきましょう。
この商品はゼラチンが用いられており、
冬場など気温が低い時期や環境では固まってしまい使えません。

 

少し温かめのお湯につけて完全に固まりを溶かし、
人肌程度まで冷めたことを確認してから使用します。

 

 

女性の膣へは専用のシリンジを使って挿入します。

 

クッションや枕で腰を少し高く上げてすぐに流れ出ないよう注入しましょう。
できれば注入後すぐに関係を持たず、少し時間を置いたほうがより効果的ですよ。

 

そして関係を持つ際は、あまり女性に刺激を与えないようできるだけ淡白に行います。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!