着床前診断

MENU

産み分け術

 

着床前診断

着床前診断という言葉をご存知ですか?

 

受精卵の染色体を検査する方法で、
これを行えば染色体異常が原因で起こる疾患
高確率で見つけることが可能です。

 

諸外国では産み分けにこの技術を用いているところもありますが、
その背景には宗教問題や法律など私たち日本人にはあまり馴染みのない問題も
数多く含まれているのが現状です。

 

 

特に一人っ子政策を取り入れている中国では生まれてくる子供の性別が女の子だと
家系が途絶えてしまうため男の子を望む風潮が根強く、
男女の産み分けが積極的に行われていることでも知られています。

 

 

しかし産み分けに熱心になるあまり男女の出生比率のバランスが崩れ
深刻な国家問題へと発展している国もあります。

 

実際自然に任せていた場合は男の子の方が出生率は高いものの死亡率も高いため、
最終的には割合としてやや女性が多くなっています。

 

 

着床前診断、どう思いますか?

 

現段階で日本産婦人科学会では
産み分けのためだけの着床前診断は禁止されていますが、
例外として重い遺伝子疾患の患者さんに限り認められています。

 

理由としては命の選別につながるため、というのが挙げられています。

 

 

逆に着床前診断を受けるメリットとして、

  • 染色体異常を早期発見できる
  • 異常な受精卵を着床前に発見できるため流産予防になる

などがありますね。

 

 

そのため同じ産婦人科医の見解も分かれているのが現状です。

 

ただ現時点では日本で公的に受けることができないため、
どうしてもの場合は積極的に行っている海外で見てもらうしかありません。

 

 

その場合は費用も余分に掛かりますので、よく考えて受けられることをおすすめします。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!