必要な費用

MENU

産み分け術

 

必要な費用

医学の力を借りて産み分けを使用となった場合、
やはり気になるのが必要な費用ですよね。

 

ほとんどのカップルがいくらでもお金をかけられると言うわけではありませんし、
医療分野である以上やはりある程度の資金が必要です。

 

 

大きな怪我や病気の場合は命に関わるため専門医を受診する必要がありますが、
産み分けは生命の危機を伴わないため、基本的に全て保険適用外になります。

 

 

産み分けにはいくらかかるの?

 

費用がかかる産み分けの方法として、以下のものがあります。

  • ピンクゼリー
  • バーコール法
  • 体外受精および出生前診断

 

中でも最も安価なのはバーコール法で、
病院にも寄りますが概ね1万円前後のところが多いようです。

 

 

精子を特殊な方法で濃縮して女性の膣内に挿入する方法で、
痛みや負担は少ないですが通院の必要があります。

 

ピンクゼリーは医薬品の扱いとなるため、一般の薬局では市販されていません。
入手するためには医師の処方せんが必要で、
1本20ml入りで大体10,500円程度です。

 

 

安く購入するにはネットショップやオークションと言う方法もありますが、
やはり医師の指導の下で正規で購入および使用することをオススメします。

 

最も確実に産み分けできるのは体外受精ですが、成功率が高い分高額になります。
費用にも幅があり、1回にだいたい20万〜50万ほど必要になります。
さらに顕微鏡を用いた顕微授精を試みた場合、更に増額します。

 

 

いずれの方法も経済的負担は大きくなるため、パートナーと相談した上で
納得いく方法を取り入れてみましょう。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!