三人目

MENU

産み分け術

 

三人目

一人目、二人目までは希望の性別と違っていても、
三人目ともなれば次はぜひ望む性の赤ちゃんを、
そう考えるカップルは少なくありません。

 

 

そのため、三人目から産み分け指導を行うという方針の医師も多くいらっしゃいます。

 

特に一人目から産み分けに挑戦しているカップルの場合、
諸事情で三人目が最後の産み分けのチャンスと言うカップルがほとんどですよね。
そういった背景も踏まえれば、ことさら力が入るのも無理はありません。

 

最後ともいえるべきチャンスを成功させるためにも、
まずはできることから始めてみましょう。

 

 

三人目だからこそ慎重に

 

まず、上のお子さんが欲しいときにすぐに授かったからと言って
三人目もすぐに授かれるとは限りません。

 

むしろ産み分けに挑戦する場合、妊娠しにくくなったと感じる傾向にあります。

 

女性の排卵は通常1ヶ月に1回で、1年を通じて言えば12回〜13回あります。
排卵が無ければ産み分けどころか妊娠すら出来ないわけですから、
その少ない回数の中で希望の性別を望むのは当然ハードルは高くなります。

 

 

加えて性別を決定するのは女性ではなく男性です。

 

もちろん女性の環境も整える必要がありますが、
男性の理解・協力なくしては産み分けは不可能です。

 

そのためパートナーとの意見のすりあわせが最重要だと言えるでしょう。

 

 

その上で医師の産み分け指導を受ける、
基礎体温表から排卵日を割り出して夫婦生活を持つなどして
女の子の産み分けを成功させましょう。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!