女の子が欲しい

MENU

産み分け術

 

女の子が欲しい

かつては跡取りや墓守のための男児を望まれていましたが、
近年その風潮が大きく変わってきましたね。

 

 

地方の豪農や由緒のある家柄ですとまだまだ男児が望まれる傾向が根強いですが、
それでも女の子を望む家庭の方がグンと増えてきているのが現状です。

 

 

そもそも何故ここまで女の子が欲しいと願う家庭が増えたのでしょうか?

 

ハッキリした原因や因果関係が認められた訳ではありませんが、
昨今の社会情勢も背景の一つに含まれています。

 

 

女の子を持つメリット

 

現代社会において女性の社会進出は目覚しいものがありますよね。
男性の上司が女性であるなど、
かつては考えられないようなケースも珍しくなくなってきました。

 

ですが妊娠・出産は女性のみが為しうることです。
そのために出世が遅れたりキャリアを手放さざるを得ないといった女性もいましたね。

 

 

ここで女性の実母が母親に変わり育児の一端を担うことができれば、
それまで築き上げたキャリアやスキルを諦める必要がありませんよね。
そのためには息子の妻より自身の娘であるほうが手助けもしやすい、というわけです。

 

事実筆者も就業するにあたり、実母の手を随分借りたものです。
やはり義母よりもワガママを言いやすいですし、実母の方も受け入れてくれました。

 

 

そして老後はある程度育児の済んだ娘と買い物や旅行、
ランチなどを一緒にできるといった楽しみもあります。
これも自身の娘であれば気兼ねなく楽しむことができますよね。

 

 

さらに昔からよく言われる「一姫二太郎」の言葉通り、
女の子の方が比較的丈夫で手がかからないといったメリットもあります。

 

加えて洋服も可愛いものがたくさんありますから、
親子でお揃いのオシャレが楽しめるのも魅力の一つに挙げられますね。

 

 

このようにたくさんのメリットがある女の子ですから、
人気が高まるのもある意味当然だと言えるでしょう。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!