産婦人科医

MENU

産み分け術

 

産婦人科医

産み分けの成功率を少しでもあげたいと願うのであれば、
やはり産婦人科医や医療の力を借りるのが最も効果的です。

 

ただ実際に産み分け指導を行っているかそうでないかは医師の見解により違いますので、
初診の前に病院へ直接問合わせて確認したほうが間違いないでしょう。

 

 

ホームページを持っている病院であれば成功率を掲載しているところもありますので、
参考のためにそちらもあわせて確認してみてくださいね。

 

 

産婦人科医の産み分け指導、どうやるの?

 

病院により実際の方法は違いますが、最初は問診や内診、
血液検査およびホルモン負荷テストを行う場合もあります。
基礎体温表を付けているのであれば、持参しましょう。

 

 

ここで血液検査やホルモン値に異常が見つかった場合は、
ひとまずそちらを治療します。
それらに特に問題がなければ排卵日の特定をしてもらうために内診を受けます。
受診のタイミングは生理終了後が望ましいでしょう。

 

産み分け指導は妊娠が成立すればそこで終了ですが、
妊娠にいたらなかった場合は次周期に持ち越しになります。
その周期にピンクゼリーが処方されるケースもあります。

 

 

数周期受診しても妊娠にいたらなかった場合、
不妊検査及び治療を視野に入れるケースも。

 

その場合は治療の方が優先されますから、医師の指示に従いましょう。

 

 

ただこれらは通常の妊娠と同じく全て保険適用外となるため、自費診療になります。
加えてホルモン負荷検査は高額なため、費用は多めに持参しましょう。
初診で2〜3万ほど用意しておくと安心ですね。



 

 

産み分け部門売上No.1マニュアル

産み分け術

  • 女の子を抱っこしているママを見ると嫉妬する
  • 産み分けをしたのに第1子は男の子だった
  • まわりからのプレッシャーがキツイ
  • 悩みすぎて、精神的に参っている

  悩みを解消し、女の子を産む!